一般社団法人ゼロ・ウェイスト・ジャパンは、2020年より島根県雲南市の「うんなんコミュニティ財団」とのパートナーシップにより、雲南市内でのゼロ・ウェイスト推進に取り組んできました。

 2022年、これまでの対話の中で見えてきた、雲南市での「循環のまちづくり」をすすめる上で大きな一歩となる取組として、市内全域での「コンポストの普及と導入」に取り組みました。雲南市内の市民の活動母体でもある「地域自主組織」や、様々な団体の拠点にて、ごみを減らす取組についての「ゼロ・ウェイスト(ごみゼロ)」勉強会や、子どもたちとの「ごみゼロゲーム」を通じた学習機会、そしてコンポスト製作と設置を行いました。

 この取組には、脱炭素に向けた人材育成を行うプログラム Green Innovator Academy の卒業生である大学生4人がインターン生として参画し、地域のみなさんに見守られながら活躍してくれました。

 取組の背景や様子をまとめた動画をぜひご覧ください!

 ※この取組は、SK-ll NOWプログラムによる資金サポートを受けて実施しています。


一般社団法人ゼロ・ウェイスト・ジャパンについて

「ゼロ・ウェイスト」を目指し、地域・自治体および事業者における廃棄物削減や資源循環の政策立案から施策導入、経過確認と見直しや評価など、全てのプロセスに中長期で伴走する専門家チームです。伴走過程において、地域・組織内外の様々なステークホルダーとの協働で具体的な施策の導入を推進します。


公益財団法人うんなんコミュニティ財団について

2020年4月に、642人の志金300万円をもとに島根県雲南市に設立したコミュニティ財団。市民をはじめとした地域の主体が繋がり取組むこと、地域に根ざすことを大切にした、地域の諸課題解決・価値創造の仕組みです。


一般社団法人Green innovation / Green Innovator Academyについて

業界・分野・世代を超えた協働によるイノベーションを通じて脱炭素社会を実現することを目指し、イノベーションを生み出す基盤となる経験や働き方の推進、コミュニティ育成をサポートしています。Green innovationが提供する「Green Innovator Academy」はその中核となるプログラムで、カーボンニュートラルを取り巻く国内外における最先端の知識・知見を身に付けるとともに、各界のリーダーたちの対話やフィールドワークを通じて共創型価値創出の手法を学びます。2021年に130人の1期生とともに開講、以降毎年実施し、グリーンイノベーターたちの新たなコミュニティとなっています。


SK-ll NOWについて

SK-II NOWは、どなたでも無料で参加していただける会員プログラムです。LINE連携していただくと、SK-II LINE アカウントから、最新のSK-IIニュースが受け取れたり、店頭でのカウンセリングの後、肌測定結果もご自身のアカウントから見ていただくことができます。またSK-II商品の購入や、SK-II指定の空容器の回収に参加されると、ミラクルドロップが獲得できます。貯めていただいたミラクルドロップは、環境問題に取り組んでいる「ゼロ・ウェイスト・ジャパン」に寄付して、「地球の運命を守る」ためのSK-IIのサステナビリティへの取り組みに参加していただいたり、あるいは、SK-II商品などと交換していただくことができます。


0件のコメント

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください